FC2ブログ

LANDSCAPE JOURNAL

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【滑走20】2014/05/04(日)春ボード@かぐら



やっと得ることのできた大型連休。
前日から我が家にやってきたよっしーと出発し、途中でクボタとハヤシさんと合流。
もう5時でも明るいんだ。



目指すはかぐら。
谷川岳のテッペンはまだ雪化粧。



自宅から2時間半でみつまた駐車場に到着。
時間が早かったこともあり、道中は至って快適でした。
時間もたっぷりあったのでロープウェイの運行までゆっくりストレッチをしながら準備をする。



7時過ぎに並び始めて3便目か4便目。
やはりこの時期のかぐらは年間を通じて一番混んでいる。
このスキー場のピークはやはり春だ。



春バーン!テンションが上がります!!

かぐらデッキに陣取り、ライディング開始!



今回は思っていたよりもゲレンデが混んでおらず、かぐら第一高速でも待ち時間が5分弱。
パークも午後こそミドルキッカーが最長15人待ち程度。
ビッグキッカーに至ってはほぼ待ちゼロでした。
今回は15mキッカーで540を回すことを目標としていましたが、ボトムにフラットな部分がほとんどなく、気が付くとリップに到達しているような設計に僕の技術では対応しきれず。。。
180でやられてしまいました。悔しいです。。。
といったこともあり、今回もミドルキッカーで楽しみました。
完成度は低いけどBS540も戻ってきていい感じ。



昼食はかぐらデッキでお湯を沸かしてカップラーメン。
外で食べるカップラーメンはうまし!
かぐらの春の雰囲気、最高です。
日頃のストレスが開放される瞬間。

パークが終了するまでジャンプとジブをみんなで楽しみました。



リフト下は雪が完全に溶けています。
そんな土の中からはフキノトウも顔を出していました。
フキノトウを見て、今シーズンも終わりなんだと実感。
感慨に浸ってしまいました。



アフターは混雑していた街道の湯を避け、駒子の湯へ。
みんなでゆっくり温泉に浸かって疲れを癒やしました。

夕食はしんばしへ。





天ぷらの盛り合わせ、最高です!
今回は運転ではなかったのでビールも飲んでしまいました。
ありがとうございます。

おみやげもたくさん買い、帰路へ。
22時過ぎに湯沢を出発し、自宅に到着した頃には日付が変わっていました。
よっしー、運転お疲れ様でした。
いつも感謝です。



いつもであればGWでシーズンアウトですが、今年はまだ滑りに行く予定があります。
最後まで気を抜かず、今シーズンを終えたいと思います。

スポンサーサイト

【滑走19】2014/4/20メローなパークセッション@かぐら

今回も週に一度の休日を使って出撃。
出撃前日は夜まで仕事の上、それからホルモン。
久しぶりに外で飲み食いしたけど、最高!
食は元気の源泉であると実感。
そんな最高の時間を堪能すると、翌日に寝不足という形で響くわけで。
アルコールが残りフラフラした中で、みんなと合流しかぐらへ。







途中、沼田あたりで激しい便意に襲われ、危うく人間としての尊厳を友人の車の中で失うところであった。
昨晩のマッコリに含まれる乳酸菌の仕業か。
ほんと、死ぬかと思った。



寝不足、アルコール、腹痛と三重苦の中、かぐらエリアに到着。
今日はまったり滑ろう。

ジャンプは15mと10mの2way。
こんな日は10mでのんびり空中遊泳。
午前こそはあまり調子が上がらなかったが、昼寝を挟んだ午後は調子が徐々に上向きに。
練習中のFS540ももちろんのこと、久し振りにやったBS540もできたよ。
だがしかし、レールには全く乗れず。
今日の感覚、しっかりノートに残しておこう。



セッションしてくれたみんな、ありがとう!

なんとか下山コースが開いていたので壁に当て込みながら楽しくみつまた駐車場へ。





春の暖かい気候の中、ゆっくり後片づけ。

みつまた駐車場を後にして向かった先は越後湯沢の町営駐車場。



車をデポして今シーズン初のこちら。



人参亭、ご飯大盛り!

疲れた体をもち豚のたんぱく質で即修復!
こんな楽しみもあるからボードはやめられないんだよなぁ。

今シーズンも残すところあとわずか。
滑走日数こそ少ないものの、手応えが十分なシーズンだ。
まだまだうまくなりますよっと。

【滑走18】2014/4/13(日)FS540、モノになってきた。@丸沼



今週もたった1日の休みを使って雪山へ。
5:00過ぎに出発したがこの明るさだ。
日の昇る早さと匂いで春の訪れを感じる。
今シーズン雪山をともにする機会が増えた久保田と2人、一路北上。



今回も丸沼にやって来た。
実は丸沼へ向かう2日前に早割リフト券を買い過ぎた友人から4枚ほどリフト券を半ば無理やり売ってもらっていたので、選択肢はここしかなかった。
まぁ、パークアイテムも充実してるからこちらとしてもありがたいんだけどね。



現地で西東京組と合流。
初めましての方達と挨拶を交わしていざRide on!!





ゴンドラの混み具合はこういった感じ。
平日組の方にはご理解いただけないであろう!



何本かゴンドラコースを回して、バーンが緩んでき始めた頃にパークへ。
2連キッカーの上がつぶれ、8m1台のみにレイアウトが変更になったことで、ジブレーンのレールからキッカーにも入れるようになった。
ジャンプもジブも流したいのでこちらの方が個人的には◎

それにしてもこのジャンプは飛びやすかった。
この日は飛距離のあるFS540がバシバシ決まり、完全にモノにした感あり。
抜けの先行の惰性で回すのではなく、しっかり蹴って空中に出てからの目線でしっかり回してあげる方が性に合っている。
そっちの方がリスクも低いと思うんだよね。
だから回転数を追うよりも完成度を上げてきたわけだし。
こういう時に過去の怪我は決して無駄ではなかったのだと実感します。

そして、みんなのフォトセッション!











今日も1日お疲れ様です!!

丸沼で西東京組とお別れした後、今シーズンの丸沼も最後かぁ、なんて考えていたらここに来たくなってしまった。



芳味亭



運動後のたんぱく質で回復。
芳味亭には今シーズンお世話になりました。



芳味亭を出ると関越道の花園付近で50キロの渋滞とな。
渋滞の原因が自然渋滞なのか事故渋滞なのかわかりませんでしたが、さすがに50キロは。。。と言うことで久々に下道で埼玉へ。







赤城山の麓から見る夕焼けは綺麗でした。
今シーズンも終わってしまうのだな。
この夕焼けに今シーズンも悔いを残さないと誓うのでありました。

【滑走17】2014/4/6(日)春なのに@丸沼



4月に入ってから弊社は1年で1番の繁忙期に突入。
連日の残業に休日出勤で明らかに睡眠不足。
よって、4月1週目のスノーボードはお休みにしようと考えていた。
しかし、お誘いを受けたメンバーは錚々たる顔ぶれ。
出発前日の夜まで迷いに迷い、参加を表明した。



みんなと合流した後、関越道で一路北上。
お言葉に甘えて行きの車中のほとんどの時間で睡眠をとらせてもらった。
ありがとうございます。



8時に到着。
気温が低く、午後からも天候は崩れる予報だったので着こなしも皆、冬の装い。



午前中はなんとか天候が持ちこたえてくれ、なんとか青空の元ライディングすることができた。
それにしても今シーズンにブーツを変えてから左足踵が当たってしまい、腫れとともにかなりの痛みを伴うようになってきた。
ウレタン材などを使ってうまくやり過ごさなきゃなぁ。



そして、今回のメンバーにはスノーボードでいろいろとお世話になっているE夫妻も参加。
雪山では初セッション。プロライダーです。
今回はあえて2連キッカーのひとつ目(落差のある方)でFS540の特訓。
ランディングに合わすのがなかなか難しい。。。





昼はゲレンデ中腹にあるとんふぁんへ。
増税の影響はこんなところでも垣間見ることができます。
この辺りから雪が降り始める。



午後は降雪の中、パーク流し&ハンドプラント講座。
荒れたリップにザラメ雪で抜けの難易度はHigh
満足の行くジャンプはできなかったけど、しっかり蹴って回せた時の感触を少しずつ掴み始めてきました。
いろいろとアドバイスをもらえ、非常に有意義な時間でありました。



滑り終えた頃には再び青空。



着替え後のサッカーをする画。
この時には再び降雪。
いよいよ吹雪の様相を呈してきた。



春らしからぬ天候で少々面喰らったが、無理を押して参加して本当によかった。
肉体的な疲労は残るかもしれませんが、平日に溜まった精神的なストレスはフリーです。
また、楽しいメンバーと一緒に滑ることは上達への近道ですね。

【滑走16】2014/3/23(日)World Glide Tour Day2@白馬47



たっぷりと睡眠をとったつもりであったが、イマイチ頭がぼーっとしている。
疲れが取れていないのか。
そんな僕の体調とは裏腹に本日もあっぱれ、晴天である。



手早く準備を済ませて僕らが向かった先は白馬47。約1年ぶりの出撃である。



思っていたよりも前日の温暖な気候の影響を受けておらず、朝イチのフリーランは非常に楽しめるものであった。
先月手に入れたSignal OGの乗り味にも慣れてきたようだ。



体が温まってきたところでパークライド。今日の主目的です。







配置は上級レーンで15m→15mの二連キッカー、中級レーンで6m→8m→6mの三連テーブルトップ、双方の下部にジブレーンといった具合。
午前中は足慣らしに中級レーンを流す。
テーブルトップですがアップ系で浮遊感はあり。



ランチタイムは麓のLUISへ。
ピザうまし。ボードを始めた頃もたしかここで食べたっけ。
昔の記憶がここでも蘇る。
ビールも軽く飲んでしまいました。これで15mを飛ばないイイワケはついたわけで。。。



予想通り、午後はビールの影響もあってリフトで眠くなりながらもまったりライディング。

しかし、少し滑っていると少しずつ中級レーンに物足りなくなってきた。
一緒に滑っていたまっちゃんも上級レーンのビッグキッカーも飛べそうじゃない?と言い出す。

飛びますか?



そこまで気分は乗っていなかったので一発目の15mの脇に合った12mから二発目の15mをヒットする流れで飛び始めました。
一回飛んだ感想は思ったよりもスピードが遅い。あまりイカツクないキッカーだなといった印象を持ちました。

ここからはエンジン全開!
本数を決めて集中して飛びの練習。
15mで初めてFS360をメイクしました!
いやー、僕もこのサイズでしっかり回せるようになりましたか。
一緒にプッシュし合えたまっちゃんに感謝。一人だったら絶対飛んでなかったよ。





そうこうしているうちにパークは終了。



夕焼けが目に染みる。

この2日間をどれだけ楽しみにしていただろう。
トリップが始まる朝は一分一秒を無駄にしないと心に誓って臨んだ。
そして、その誓いの通り時間を大事に2日間過ごしましたが、やはり時の流れは早いもので。
それだけ充実した時間を過ごせたということでしょうか。



お疲れ様でした~。





滑走後は長野ICに程近いあっぷるぐりむへ。
昨年の白馬トリップでも訪れた腹を空かしたスノーボーダーの強い味方。ご飯はおかわり自由です。

そして、帰路へ。
4回目のWorld Glide Tourはこれにて終了です。
また来年もみんなでこうやって集まれたらどんなに幸せなことだろう。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。